育毛剤とは

育毛剤とは何なのか?

育毛剤とは実際のところどんなものを指すのかご存じでしょうか?

 

発毛剤養毛剤との違いは?

 

そのような疑問に本ページでは答えていきたいと思います。

 

まず育毛剤とはどんなものを指すのか?という質問についてですが、これは文字通り髪を育てるものを指します。ということはつまり、髪を生やすわけではなく、髪を守るわけでもなく、あくまで髪を育てるためのものが育毛剤なのです。

 

育てる」ということは、今ある髪の毛をベースに育てていくため、今ある髪の毛が発育するのを促すため、あくまで髪の毛が薄い人や髪の毛が細い人が対象となります。

 

つまり、禿げているならそもそも育毛剤は意味がないということですね。

育毛剤と養毛剤、発毛剤に明確な違いはあるのか?

育毛剤と養毛剤、発毛剤について明確な違いがあるのか?と言われたら・・・・

 

「はい。あります。はっきりとあります。」

 

と答えてください。

 

つまり、これら3つは言葉は似ているけど明確に違うんです。

 

まず養毛剤は配役成分が含まれておらず、医薬品に分類されません。つまり、髪の毛や頭皮に良い成分を含んだものという扱いです。よって効果がないわけではありませんが、他の2つとは扱いが明確に異なります。

 

続いて育毛剤と発毛剤ですが、これらは医薬品です。これらは確かに医薬品ですが、更に明確な違いがあり、育毛剤は医薬部外品、発毛剤は医薬品となります。

 

医薬部外品って何?医薬品とどう違うの?と言う声が聞こえてきそうですね。

 

医薬部外品と言うのは医師の処方なしでも購入できる薬のことです。すなわち、薬局やスーパーなどでも手に入る風邪薬や頭痛薬と一緒です。販売店に行けば誰でも購入することができますし、使うことができます。この規定は薬事法によるものですね。

 

医薬品というのは医師の処方が必要なものですので、判断からすべて医師がOKと言わないといけない部類になります。発毛剤は医薬品扱いとなるので、治療薬とも呼べる部類にはいるのかもしれません。とにもかくにも医師から使っていいと言われないと使えないものなんですね。

 

では、夢美髪はどれに分類されるかと言うと育毛剤なので医薬部外品ですね。それぞれの特徴をおさえて、適切なものを使うようにしましょうね。

 

▼購入はコチラ▼